通信制高校と卒業率

通信制高校では、学習の多くを自宅で行い、レポートを提出、指定されたスクーリングの日に授業を受けるという仕組みになっています。ここで心配なのが、自分で勉強を進めていて本当に卒業ができるのかという点です。せっかく通っても、単位が取れずにそのままやめてしまうのではもったいないですよね。


通信制高校では質問教室などを行っている

通信制高校では、学校を毎日開放し、質問教室や生徒の相談などを受けています。これは希望者のみの出席で構いませんが、学習面に不安のある生徒や、他の生徒よりも大幅に遅れてしまっている場合も、個別指導などで対応を行う通信制高校も多いようです。このような学校側のフォローもあるため、私立の通信制高校では卒業率が8割を超えるところも多くあります。


卒業率や遅れてしまったときの対応をチェック

卒業率は多くの通信制高校が公表しています。公式ホームページなどを確認しましょう。私立の高校ではやはり学費面も高くなりますが、サポート校や高校での学習指導などもきめ細やかに行われているようです。入学前から、遅れなどが不安な人もいるかと思います。入学相談や見学会で、先生に不安に思うことを相談してみましょう。きっと一緒に解決できる道を教えてくれると思います。

Comments are closed.