通信制高校と高校無償化について

年収910万円以下の家庭を対象に、高校の授業料を国が負担する高校無償化の動きがあります。年収で給付できる家庭とできない家庭があるということに賛否はありますが、就学支援金は世帯の収入によって子どもの教育に差が出ないことを目的としています。


通信制高校でも利用できる制度

通信制高校でも、この制度を利用することが可能です。ただし、通信制高校は履修を申し込む単位数で学費が変わってきます。この単位の値段というのは、履修し、習得できた物の数ではなく、履修を申し込む分だけかかってしまうものです。卒業に必要な最低数は74単位となっていて、就学支援金制度では74単位分、1単位4812円が毎年、履修する単位ごとに給付されるとなっています。


単位の値段は学校で違う

公立か私立かでも変わりますし、単位の値段は私立でも大幅に違います。6000円程度のところから1単位1万円程度かかるところまであります。資料請求をすると、年間にかかる授業料のところに1単位の値段が書いてありますので、そこをチェックしましょう。そこから4812円×74単位分をマイナスした金額が、授業料としてかかる金額です。そのほかにかかる費用は直接問い合わせてみましょう。

Comments are closed.