通信制高校は何で選ぶべき?

通信制高校は今やかなりたくさんの種類と数をそろえています。
しかし、高卒の資格を取りたいと思っている子どもはその中で自分にあった一校を選んで通わなくてはなりません。
では、どんなポイントで選んだらいいのでしょうか?


通信制高校は学費で選ばない

通信制高校にも、通常の学校と同じく公立と私立の2種類があります。
学費的には私立の方が圧倒的に高く、年間の授業料だけで20万円くらいはかかると言われています。
一方公立は1~3万円程度で済んでしまうので、学費だけで見たらこちらの方が通いやすいのではないかと思えます。
しかし、それだけで選んでしまってはいけません。
実際、私立の方がレポートをウェブで提出できたり、学習のサポート体制がしっかりしていたりと充実しているのです。
このように、値段だけではなんとも判断しにくいところがあるので、中身をよく確認しておきましょう。


見学を何回も重ねる

その中身を知るためには、学校見学は欠かせません。
実際に足を運んで、「ここだ!」と思えるようなところを探し出しましょう。
そのためにはできれば何校も回り、気に入ったところは2回、3回と見ておくといいです。
また、たとえ家から離れているところであっても、子どもが行きたいと主張するところや設備が整っているところでしたら通う価値があるのでしっかりと見学しておきましょう。

Comments are closed.